18.4 C
Tokyo
火曜日, 5月 11, 2021
礼拝する教会になることを望んで日本キリスト教会志免教会、金東佑協力宣教師 1989年、私が小学3年生だったある日のことです。近所に住んでいる友人の家で、日本の放送が見られるという話を聞いて、...

私の夢

  私が生まれた家庭は貧しくもなく、裕...

神はわたしに命と生きる意味を与えてくれた方

1. 自己紹介をお願いします。  &nbs...

救いの証し

私は小学3年のときから、都内の名門中学に入学する...

Editor Picks

【アバウトタイム(ABOUT TIME) 】

  父が肺がんで亡くなった時...

series

「『赤毛のアン』のように」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(14)     ...

「よく見て、聞いているか、石の叫びを」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(13)     ...

「よくみているのか」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(12)  ...
火曜日, 5月 11, 2021

原語でデイリーメディテーション

自己、自己の教会、自己の国だけを考えるな!
「党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです」(ロマ2:8)。「党派心を持つ」、または「反抗心にかられる」、「自己を求める」などにやくされるエリテイアは本来日雇いなどを意味し、そういう意味で自己の野望に燃える、自己にだけ関心が注がれ、それ以外のものには反抗し、それらに対立するなどの意味が込められています。だから何でもないかのように不義を行なってしまいます。自己を求めることが必ずしも悪いことではないかもしれませんが、主なる神と隣人にとって正しくない不義になるとき、問題になります。自己だけ、自己教会だけを考えていく不義を行わないで、主の御心が行われますように祈ります。

 

人気記事ランキング

キリストの完璧な充満

キリストの完璧な充満川本 麻充  私は現在...

度重なる失敗を通して

 私がどのようにしてイエスさまを信じ、イエスさま...

日本無牧教会現象: その原因と解決への一つの提案

金山徳 (キム・サンドク/ホドス神学院長)...

「神さまがなさいました!」

金エノク 宣教師   主の御名を心から賛美...

すべてを神さまに委ねて

すべてを神さまに委ねてハン・ガラム 今まで...

Testimony of faith
信仰の証

礼拝する教会になることを望んで。

礼拝する教会になることを望んで日本キリスト教会志免教会、金東佑協力宣教師 1989年、私が小学3年生だったある日のことです。近所に住んでいる友人の家で、日本の放送が見られるという話を聞いて、急...

羊飼いのいない羊(小松 美沙子)

小さい頃から本を読むことの好きだった私は、高校を卒業して勤め始めた頃、三浦綾子さんの本に出会いました。特に心引かれたのは青春時代の自叙伝『道ありき』でした。何度も読み、「ここには何かある。私の求めて...

女子プロレスラーからキリストへ(里 美和)

あこがれの女子プロレスへ 私は鹿児島県の奄美大島の出身です。小学校四年生の時まで、テレビで民間放送が放映されませんでした。四年生になって初めて民間放送を見たのですが、そこで『真っ赤な青春』とい...

人生の大逆転

Satoshi Noah Miyazaki2016년 11월 15일 ·【人生の大逆転】11月10日(木)、愛する祖父が天に召された。91年と8か月。祖父は5年前、介護の必要が出て来て、母の住んでい...

天のお父さまの肩車

広崎 仁一 父の思い出  私が信仰に導かれるきっかけとなったキーワードは「父」です。私の生い立ちが絡んでおりますので、はじめに、このことについて少し触れさせていただきます。 私は昭和27...

告白します

私はいつも愛に飢えていました。 私が私のままで無条件に愛された記憶がないからです。 誰かに愛されたくて大切にされたくてそのためにいつも自分が他人からどう見えるのかが心配でした。 人...

Essay

【アバウトタイム(ABOUT TIME) 】

  父が肺がんで亡くなった時...

君が見た光を私にも見せておくれ

  韓国の代表的な学者でイ・...

聖餐式を待ちながら

新型コロナウイルスが始まってからもう半年が過ぎた...

おすすめ賛美

Must Read

あなたのみことばは, 私の 足のともしび, 私の 道の 光です。[詩篇 119:105]

「神への謙遜」と「神からの知識」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(7)      ...

告白します

私はいつも愛に飢えていました。 私が私のま...

私の夢

  私が生まれた家庭は貧しくもなく、裕...

天のお父さまの肩車

広崎 仁一 父の思い出  私が信仰に...

すべてを神さまに委ねて

すべてを神さまに委ねてハン・ガラム 今まで...

Column

じっと考えよ

じっと考えよ孫齊賢 「これに耳を傾けよ。ヨ...

「ある喫茶店に学ぶ」

  私は昨年、クリスチャンの...

「政治指導者のために祈ろう」

  このたびの総理の辞任に思...

Prayer
Latest

日本無牧教会現象: その原因と解決への一つの提案

金山徳 (キム・サンドク/ホドス神学院長) は...

羊飼いのいない羊(小松 美沙子)

小さい頃から本を読むことの好きだった私は、高校を卒業して勤め始めた頃、三浦綾子さんの本に出会いました。特に心引かれたのは青春時代の自叙伝『道ありき』でした。何度も読み、「ここには何かある。私の求めて...

「『赤毛のアン』のように」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(14)              「『赤毛のアン』のように」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓  「あなたがたを襲った試練で、人間とし...

女子プロレスラーからキリストへ(里 美和)

あこがれの女子プロレスへ 私は鹿児島県の奄美大島の出身です。小学校四年生の時まで、テレビで民間放送が放映されませんでした。四年生になって初めて民間放送を見たのですが、そこで『真っ赤な青春』とい...

Opinion

じっと考えよ

じっと考えよ孫齊賢 「これに耳を傾けよ。ヨ...

「ある喫茶店に学ぶ」

  私は昨年、クリスチャンの...

News

礼拝する教会になることを望んで。

礼拝する教会になることを望んで日本キリスト教会志...

羊飼いのいない羊(小松 美沙子)

小さい頃から本を読むことの好きだった私は、高校を...

「『赤毛のアン』のように」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(14)     ...