16.8 C
Tokyo
土曜日, 10月 24, 2020

「謙遜な悔い改めの時」 

Must read

単独行、むしろ恵みの時間

コロナ時代におけるみ言葉と黙想 ⑥    ...

「謙遜な悔い改めの時」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想⑤  2020年1...

告白します

私はいつも愛に飢えていました。 私が私のま...

度重なる失敗を通して

 私がどのようにしてイエスさまを信じ、イエスさま...

コロナ時代におけるみ言葉と黙想⑤  2020年10月1日
 「謙遜な悔い改めの時」 山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓

 ガドはダビデのもとに来て告げた。「七年間の飢饉があなたの国を襲うことか、あなたが三か月間敵に追われて逃げることか、三日間あなたの国に疫病が起こることか。よく考えて、わたしを遣わされた方にどうお答えすべきか、決めてください。」ダビデはガドに言った。「大変な苦しみだ。主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。人間の手にはかかりたくない。」主は、その朝から定められた日数の間、イスラエルに疫病をもたらされた。ダンからベエル・シェバまでの民のうち七万人が死んだ。(…)そこに主のための祭壇を築き、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげた。主はこの国のために祈りにこたえられ、イスラエルに下った疫病はやんだ。(サムエル記下 24:13-15;25)

 9月28日、全世界の新型ウイルスによる死亡者が100万人を超えました。そして先週の10月2日には、米国大統領も感染したとのニュースが流れ、世界を驚かせています。死亡者100万人の中でも米国はそのうちの最も多い30万人を占めます。マイク・ライアン世界保健機関(WHO)緊急対応局長は、9月25日に「全世界が協力しないと死亡者200万人が現実として近づいて来る可能性が高い」と発言しました。メルボルン大学のエレン・ロペス教授は「全世界の実際の死亡者はすでに180万人であり、今年の年末になると300万人に至る可能性もある」と述べています。死亡者の増加速度も一層早くなっているこの世は今後どうなるのでしょうか。

 イスラエルの代表的な指導者、ダビデ王。彼の晩年には感染病の流行で7万人が命を失いました。ダビデはその原因が自らの霊的な高慢さのためだと痛感し、預言者ガドの忠告を受け入れ、エルサレムで悔い改めの儀式を捧げました。結局、神は天使の裁きの剣を退かせ、その災いを終わらせました。この出来事は中世ヨーロッパの人口3分の1を減らしたペストや、現在私たちが経験している新型ウイルスという災いのようなものではなかったかと思います。

「ダビデ時代における疫病」(The Plague in the Reign of David)、ガイ・ルイ・ヴェルナンサル(Guy-Louis Vernansal, 1648-1729)作品。の作品。ⓒシカゴ美術館

 ダビデはいったい何を悔い改めたのでしょうか。どのような懺悔をしたために、神は災いを終わらせることで応じたのでしょうか。長く王として君臨したダビデはイスラエルにおける「130万の大軍」を誇りました。効果的な徴兵のためにダビデは「人口調査」を行いました。しかし、ダビデ一人の罪のために神がこれほどまでお怒りになったとは解釈しにくいという意見もあります。傲慢になり、神の愛を忘却したのはダビデだけではなく、すべてのイスラエルの民でした。聖書も「主の怒りが再びイスラエルに対して燃え上がった」(サムエル記下 24章1節)と語っているからです。例えば、アブサロムの反乱(同書15-18章)やシェバの反乱(同書20章)などで多数のイスラエルの民が関連し、神への罪を犯していました。皆が神を忘れ、自分の力を信じる優越感に溢れていました。

 しかし民全体を代表するダビデは 、責任のある指導者としての姿を見せていました。指導者と民は一体だったからです。ダビデは、言い訳の代わりに悔い改めの告白を、逃亡の代わりに神の前に謙虚に跪きました。今日の箇所17節でダビデは神に「御覧ください、罪を犯したのはわたしです。わたしが悪かったのです。この羊の群れが何をしたのでしょうか。どうか御手がわたしとわたしの父の家に下りますように」と訴えています。ダビデ王の時代における疫病の本当の原因はわかりません。しかし、ダビデからはじまった神の前での懺悔と反省という謙遜な姿勢こそ、疫病を終わらせる要因になった事が確認できます。現代を生きる私たちはどのような姿でしょうか。今、私たちが取るべき姿勢は?この一週間、この事を考える時間を持ちたいと思います。

- Advertisement -

More articles

- Advertisement -

人気記事ランキング

キリストの完璧な充満

キリストの完璧な充満川本 麻充  私は現在...

私の人生に起きたアメージンググレース

 日本で「キリスト教」と聞くと、日本人の大半は「...

「神さまがなさいました!」

金エノク 宣教師   主の御名を心から賛美...

度重なる失敗を通して

 私がどのようにしてイエスさまを信じ、イエスさま...

すべてを神さまに委ねて

すべてを神さまに委ねてハン・ガラム 今まで...