18.4 C
Tokyo
火曜日, 5月 11, 2021
- Advertisement -

CATEGORY

連載コーナー

「『赤毛のアン』のように」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(14)              「『赤毛のアン』のように」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓  「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あたながたを耐えられないような試練に遭...

「よく見て、聞いているか、石の叫びを」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(13)              「よく見て、聞いているか、石の叫びを」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 イエスはお答えになった。「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす。」 エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のた...

「よくみているのか」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(12)  「よくみているのか」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の 目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目...

「よく聞いているのか」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(11) 「よく聞いているのか」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 それから、イエスは群衆を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」(マタイによる福音書15章10〜11節) ...

「日常の朝」を賛美する

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(10)             「日常の朝」を賛美する   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「朝ごとに、あなたの慈しみを/夜ごとに、あなたのまことを述べ伝えることは十弦の琴に合わせ、竪琴に合わせ/琴の調べに合わせて。主よ、あなたは/御業を喜び祝わ...

「癒しと回復としての騒音」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(9)              「癒しと回復としての騒音」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「主はこう言われる。この場所に、すなわちお前たちが、ここは廃虚で人も住まず、獣もいないと言っているこのユダの町々とエルサレムの広場に、再び声が聞こえる...

「止まっているこの時こそ」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(8)              「止まっているこの時こそ」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「彼が担ったのはわたしたちの病  彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに   わたしたちは思っていた  神の手にかかり、打たれたから 彼は苦しんで...

「神への謙遜」と「神からの知識」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(7)              「神への謙遜」と「神からの知識」   山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「財産は金持ちの砦、自分の彫像のそびえる城壁。破滅に先立つのは心の驕り。名誉に先立つのは謙遜。聞き従う前に口答えをする者 無知と恥は彼のため。人...

単独行、むしろ恵みの時間

コロナ時代におけるみ言葉と黙想 ⑥    山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓 「この恵みは、聖なる者たちすべての中で最もつまらない者であるわたしに与えられました。わたしは、この恵みにより、キリストの計り知れない富について、異邦人に福音を告げ知らせており、すべてのものをお造りになった神の内...

「謙遜な悔い改めの時」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想⑤  2020年10月1日 「謙遜な悔い改めの時」 山梨英和大学 宗教主任 洪 伊杓  ガドはダビデのもとに来て告げた。「七年間の飢饉があなたの国を襲うことか、あなたが三か月間敵に追われて逃げることか、三日間あなたの国に疫病が起こることか。よく考えて、...

Latest news

礼拝する教会になることを望んで。

礼拝する教会になることを望んで日本キリスト教会志...

羊飼いのいない羊(小松 美沙子)

小さい頃から本を読むことの好きだった私は、高校を...

「『赤毛のアン』のように」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(14)     ...

女子プロレスラーからキリストへ(里 美和)

あこがれの女子プロレスへ 私は鹿児島県の奄...

「よく見て、聞いているか、石の叫びを」

コロナ時代におけるみ言葉と黙想(13)     ...
- Advertisement -