17.9 C
Tokyo
土曜日, 10月 24, 2020
- Advertisement -

CATEGORY

コラム

じっと考えよ

じっと考えよ孫齊賢 「これに耳を傾けよ。ヨブ。創造主の奇しいみわざを、じっと考えよ。」(ヨブ37:14)「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。」(ダニエル10:12) 日本に遣わされ...

「ある喫茶店に学ぶ」

  私は昨年、クリスチャンの友人に、東京の某所にある喫茶店に連れていってもらいました。その店舗はビルの地下にあってこじんまりしており、チェーン店にはない、古き良き喫茶店の雰囲気にあふれています。その店にこもってコーヒーを飲んでいると、地上、つまりお店の外では何が起きているかわか...

「政治指導者のために祈ろう」

  このたびの総理の辞任に思ったこと、それは、「すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい」(Ⅰテモテ2:1)というみことばの命令を、みことばを説く立場にある私が充分に守れていなかった、ということです。  ...

君が見た光を私にも見せておくれ

  韓国の代表的な学者でイ・オリョンという人物がいる。「キリスト教信仰は文化的現象であり、それを信仰するということは迷信に他ならない。」と公言し続けた人である。 彼は、入閣後、長官を歴任し韓国社会における知性の象徴となった人物だ。 何一つ不自由のなかった彼だが、国際弁護士として...

路傍伝道の想い出

今からちょうど30年前の松原湖バイブルキャンプの高校生キャンプ、私はそのとき、信仰の姿勢が大きく変わる体験をし、それは翌日夜の献身志願の祈りにつながりました。その体験とは「路傍伝道」です。私は、キャンプ講師のアーサー・ホーランド先生の引率でほかの高校生たちと、その当時原宿竹下通りのようにカジュアル...

Latest news

単独行、むしろ恵みの時間

コロナ時代におけるみ言葉と黙想 ⑥    ...

「謙遜な悔い改めの時」 

コロナ時代におけるみ言葉と黙想⑤  2020年1...

告白します

私はいつも愛に飢えていました。 私が私のま...

度重なる失敗を通して

 私がどのようにしてイエスさまを信じ、イエスさま...

祖父の信仰にならって

田炳斗(TBIC東京湾国際教会 牧師)  ...
- Advertisement -